2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008年02月11日(月)

仮面ライダーキバ 第3話

『英雄・パーフェクトハンター』


ものごっつ久しぶりに『世界ウルルン滞在記』観たら、いつの間にかナレーションが松尾スズキさんになっててビックリ!!!いつの間に!?美味いチョコレート食いてェェ!!!ちなみに来週は電王クラジャンでおなじみ、「AAA」のどなたかが旅しはるっぽいですよ。

ってキバと関係ない話なようであるんです。今回、石田監督の演出がすごいおもしろかった。風ビュービュー吹いてたり、火サスばりの崖っぷちだったり、ドイツと日本の混在するヤクザさんだったり、効果音のつけかたも奇抜。なんとなく三木聡な空気を感じる。
てわけで、三木監督・松尾さん主演のオススメ映画と、三木ドラマをひとつ紹介。ドラマ『時効警察』は今回の演出が面白いと思った方は絶対はまる。

イン・ザ・プールイン・ザ・プール
(2005/10/19)
松尾スズキ、オダギリジョー 他

商品詳細を見る
時効警察 DVD-BOX時効警察 DVD-BOX
(2006/06/23)
オダギリジョー、麻生久美子 他

商品詳細を見る


前置きはこの辺で。今週もキバッて感想。

先週、オイラがちょろっと苦言を呈したことを知って知らずか、恒例の渡くん入浴シーンがありませんでした。これまたオイラが「どうしてもお風呂シーン必要なら全編キバットでいきましょう」と提唱したことを知ってか知らずか、キバット単独お風呂上りをサービスしてくれました。

「あ~ 気持ちよかったァ~♪」

なんだこのエロカワイイ生物はっっ!!!(萌) 
個人的に入浴シーンよりも、お風呂上りの濡れ髪やら、首筋やら、はだけた胸元のほうがエロスを感じるのです。(注:キバットには髪も首筋も胸元も存在しません)

十六連射じゃボケェ!!とばかりにピンポン連打の新聞屋。
しれっとタオル強奪していく静香ちゃん、いい嫁さんになるで(笑)。

テーブルのお礼を持って、渡と静香はカフェ・マル・ダムールへ。渡は母親から聞かされた父親について端的に説明してくれました。

心清く、誠実で、真面目で、曲がった事が大嫌いで、純粋

しかし、渡の前にやってきた弁護士の口から知らされたのは…そんな父親、つまり紅音也から被害を受けた人物がごまんと存在するという事実。
22年前の事件を、道義的問題云々で息子に責任を…となんとまぁ理不尽な物言い。しかも「紅音也氏が一つでもいいことをしてるとわかったら、これまでの罪は許すと言っています」て、心が狭いんだ広いんだかようわからん被害者のみなさん(笑)。

「俺の演奏は一曲10億ドルだ 釣りはいらねェ!!」
あいかわらずウザさ全開の音也パパ。いや、こーゆーウザさは嫌いじゃないですよ(笑)。

心清く、誠実で、真面目で、曲がった事が大嫌いで、純粋な「はずの」父親が犯してきた所業に愕然とする渡。

そこに現れたバウンティーハンターの名護。彼こそ渡が思い描いていた、心清く、誠実で、真面目で、曲がった事が大嫌いで、純粋な父親像そのものだったようですが。

「正義のみかたと呼びなさい」
捕らえた犯人の服のボタンを集めることを趣味にしているナルシー。
音也パパとは違った意味でこれまたウザイです。喋るたびにイラッとします。オイラは音也パパのほうが好きだぞー!!!(笑)

どーでもいいけど、メタボヤクザさんが竹刀でビシバシされて「イタイ!イターイ!」言ってんのが、SMプレイを楽しんでるようにしか見えなかったのは、オイラの脳が思いのほか腐ってるからでしょう。


何の脈絡もなくどこぞの競技場に現れたモスファンガイア。

「待ってたぜェッ!!」 こっちのセリフじゃキバットォォ!!!

これまたお約束でピンチに陥る恵。この女、毎度毎度全然役にたってねェェェェ!!!!「名護くんには荷が重いと思います」とかなんとか上から目線だったのはどこの誰だよ。彼女の好感度を上げるためにも、もうファンガイアハンター辞めさせてあげたほうがよくね?

今回の「変身っ!」の言い方好きだな~。最近のライダーってせっかくのキメセリフなのに、なんかけだるそうにというか、テキトーっぽく言うじゃない。ジーンズといっしょで「変身」もルーズに決めるのが今時なのかもしれんが、もちっとハキハキ言ってもいいんじゃね?とおばちゃんは思います。作文。

アクションシーンの目玉は、なんといってもジャイアントスイング~!!さほど回転速度は無いってのにファンガイアさん、めっちゃ直立してます(笑)。これならOweeで確実に長老以上の武器として使える!!!(笑)

んで、公式HPあらすじの“現れた名護はダメージが消えない恵の様子から、キバが現れたことを察知する”てのが意味がわからないのだが…。誰かおせーて。


キバの変身解かれるときの鎖のCGがすげーカッコイイな~とかなんとか思ってたら…。ハイ、本日全国の視聴者がツッコんだであろうキバットのセリフ。

「ちょっ……ちょ待てよ!!待てよ!!」

ここでもやるのか杉田ァァァァァァァ!!!!(爆笑) 
さすがにいつもよりもモノマネ加減が遠慮がちなのが余計に面白い。これ、台本はさておき、演り方は絶対に杉田さんのアドリブだと思うんだがどうなんだろうか。なにはともあれ、これを監督がOKとしたということで、キバの未来は安泰だな…と思った(笑)。


来週は待ちに待ったガルルさんかー!!ヤホー!!!

また来週!
EDIT  |  00:20 |  仮面ライダーキバ  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

2008年02月03日(日)

仮面ライダーキバ 第2話

『組曲・親子のバイオリン』


キバットが先週のあらすじを…かと思いきや、キバットリビアなるものが始まり。これから毎週、よいこの皆で一緒にお勉強しましょうね。首、伸ばしてくる(またか)。

キバに向けて銃を向けた恵でしたが、どうやらキバの敵ではないようで。
「名護啓介には言うな」 来週から登場する彼も気になるところ。


■1986年
恒例の(?)体脂肪率対決。明らかにマスター騙されてるっぽいですが、2008年では対決終わってるのかしら?

嶋から女性バイオリニスト・ひとみを警護するよう指示されたゆり。しかし、ひとみこそが正体はオクトパスファンガイア。こんなクソ寒いのに水中合戦…寒い寒い寒い!

「俺のために争うな!二人同時に愛してやる」
ウゼェェェェェェェ!!!!!!(笑) ファンガイア以上にお前を殴り倒したいわァァ!!音楽を…てお前は女をなんだと思ってるんだ!!なんつーか、U良太郎と系統的には一緒なのかもしれんが、なんだコノ差は。すごくイラッとくるなァ…(笑)。

そんな阿呆丸出しの音也パパですが、自分からゆりの武器掠め取って戦ったのは、彼なりに彼女を護ろうとしたということでいいんでしょうか。
「悪魔と契約」云々言ってたことから、おそらく後に音也がファンガイアとの契約的なものを結んだことで、あのヴァイオリンが生まれたんでしょうが。ファンガイアとキバはどの点においてどう異なるのか。


■2008年
ゆりとの戦いにおいて穴の空けられたヴァイオリン。その修理を渡に依頼してきたのはあのオクトパスファンガイア。
前回から謎だった、時をまたいで現れるファンガイア。やはり時間を飛び越えるというよりは22年間どこかに居続けたという方が妥当…?でも22年も黙ってじっとしてる必要性がわからんしな。うむ。

体脂肪率対決と一緒に、渡のお風呂シーンも毎回恒例なのか…?毎回!?最近はちょっとしたことでも腐向けだのなんだのいちいちうるさいから、ここいらでやめたほうがいいと思いますよ、スタッフさん。どうしてもお風呂シーン必要なら、全編キバットでいきましょう。是非。大歓迎。

ヴァイオリンの音色に引き寄せられる恵。そこにキバが颯爽とバイクで参上。
ガラスゥゥゥゥ!!!小屋ァァァァ!!!車ァァァァ!!!先週からバトルシーンへのお金のかけ方が半端ないっス!隊長!最初頑張りすぎてあとあと地味にならないように祈ります!隊長!

今回の見所はなんといってもバイクアクション。これぞライダー。
ファンガイアの脚から車輪が出て…てのはすごく面白い!!
キバットもキバの戦闘を手助けいたします。
「それみたことか!」 この口の動きが可愛いんだよなァ。CGすげー。ちなみにキバットのアフレコは、合成する下画(背景)があるだけで、すべて監督の指示のみで声あてしてるそうな…。杉田すげー。つか瀬戸くんもアフレコ巧くね?

「よ~く噛めよ~」 このキャッスルドランへのセリフも毎回変わるのかな~♪キバットほんと可愛い。
そのキャッスルドランの中に…松田さんんんんん!!カッコエエー!!!!!

さて、どんどん登場人物も出てくるし、ストーリーも謎が謎をよんでます。面白いよ!キバ!!


また来週!
EDIT  |  22:37 |  仮面ライダーキバ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2008年01月27日(日)

仮面ライダーキバ 第1話

『運命・ウェイクアップ!』


電王の続編映画も楽しみなところですが。
さて、ついに始まりました!日曜朝はキバッて早起き!キバッてガン観!!
おもしろいじゃない!!まだまだ1話目ですから、謎だらけで分かんないことだらけ(瀬戸康史BLOBより)ですが、これからほんと楽しみ!!
しかし、相変わらずストーリーが子供向けとは思えない難解さ。でもまぁ子どもはライダーが戦って勝てばそれで事足りるからいいのかもしれんですね。
感想キバッていくぜ!!


まずはOP。いや、カッコイイじゃないすか。歌いにくいっちゃ歌いにくいけど。
しかし瀬戸くん……美しい身体してはるな…。女としては軽くショック。そして松田さん、男前。

1986年。教会の葬儀中、突然ファンガイアと化した男は弔問客からライフエナジーを吸収。
のっけから怖っ!!ちびっ子大丈夫なのか?
ステンドグラスのような模様といい、洋風な雰囲気が新鮮。スパイダーファンガイアが出したクモの糸(なんだろうな)が脱脂綿みたいでチープ。金かけるとこはかけるのに。
スパイダーファンガイアと戦う一人の女性、ゆり。が、消えるファンガイア…。


時変わって2008年。めがねにマスクにニット帽にゴム手袋に…近所からは「お化け屋敷に住むお化け太郎」と呼ばれる不審人物が物語の主人公・。肌を一切出さない理由は、なんと“この世アレルギー”!!喋るときは筆談、何故か魚の骨を一心不乱に集める……電波ちゃん?(笑)

「静香、グレイト」
キバットキタァァァァァァァ!!!!グググググ…グレイトて!!グレイト言うた!!杉田智和お得意のグレイト出ましたよー!!(五月蝿い)

骨採集中の渡に出会ったモデルの。彼女がゆりの娘さん。さんまの内臓まで綺麗に食べるとは…いい友達になれそうだぜ恵。
特撮って役者の大根芝居に「んっ」となることしばしばなんですが、みなさんお上手じゃないですか!(何様ですか) 


またまた時変わって1986年。喫茶店「カフェ・マル・ダムール」でゆりは嶋から指令を受ける。
このマスター…怪しい…のちのちキーマンになりそうな予感。安曇の予感命中率は内閣支持率並みですが(曖昧)。
ゆりさん、バイクスキル半端ない。ライダーです。すごくライダーです。
て姜さんだー!!なんだなんだ、キャスト何気に豪華!!
戦うゆりに思いっきり邪魔する音也。渡の父親らしいのですが、この阿呆な行動にも意味があるのかないのか。

またまた時変わって現在…ってコロコロ時代移って非常に感想書きにくい!!次回からはなんか手を考えなければなァ…。
カオルさんいうのが、さっき(ていうか過去に)逃がしたホースファンガイア。ん?ファンガイアは時代を飛び越えるのか?たんに20年以上居続けただけ?

なんか若干高級感あふれる風呂。渡はなぜにこうも世の中を穢れたものとみるのか…。
ふわー!!キバットカワエエェェェェェェ!!!!ちょっと首伸ばしてくる。
バイオリン型の巣箱といい桶(?)といい、グッヅ化の匂いがします。ちなみにライダーベルトは速攻予約しますた。

母親同様、ファンガイア相手に戦う恵。そして音也のバイオリンの音が、ファンガイア出現を知らせる鍵となっているようで。ふむふむ。このヴァイオリンの存在意義も気になるところ。


さて、待ちに待った変身シーンがやってきました!!ってアレ…戦いに向かうときは防護服じゃなくてエエんかいな。アレルギー云々が曖昧だなァ。

「よっしゃぁ!!キバッていくぜ!」 
「ぎゃぶっ!」


なにこの可愛い生物ォォォォォォォォ!!!!!!(萌)
キバットにかまれて顔に模様が…てことはファンガイアもキバも同類のようなもの?

「えっへへへへ~ 残念でしたっ!!」
何この可愛い…(略)…!!!!(萌) 

必殺技のキックがやけに壮大。
普段は拘束具によって閉ざされた右足。キバの闘争心のボルテージが頂点に達した時に開きはじめ、キバットの吹く禁断の笛<ウエイクアップフエッスル>の音と、キバットの「ウエイクアップ!」のコールよってカテナ(鎖)が解き放れ、全開放されることでキックが繰り出されるそうな。
ふ~ん…。ほんなら
キバット : 「ウエイクアップ!……あれ?…ウエイクアップ!…ウエ………さっさとボルテージあげろやボケェ!!」
キバ : 「ちょっ…先走んなや…あと7ボルテ…」
なんてプレイも観れるのかな♪(なんですかそれは)

んで、このわっさわっさと飛んできた竜的なやつはなんぞ?ファンガイアの魂を食って浄化させるみたいな?
恵がキバを狙い打つ理由とは…?


げっ…めっちゃ長文になってる…。
来週からはもっとまとめてから書こう。。。

また来週!
EDIT  |  20:28 |  仮面ライダーキバ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。