2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年03月07日(水)

DEATH NOTE 第18話

『仲間』


ちょっ、今回久々にクオリティ高くね?作画はまぁ、それほどでもないけど。笑い所も萌え所も泣き所もきっちり押さえてありました!
では感想いきまーす!

相沢さんのセキュリティーチェックのシーンから。なんか今回相沢さんえらいカワイイな。瞳ェキラキラしてるんですけど。暗証番号に指紋照合に眼球チェック(?)まで。がまだ終わりじゃありません。盛大にズボンを脱ぎ捨て、ようやくIN。
「どうした?…そのおでこ」(爆笑)。あっそっちきましたか。。。

そのころLはライトとミサの名ばかりのデートをお邪魔中。ココからLタン萌え萌え注意報発令。なのにアニメのLの画ってなんかいまいち萌えないんだよなァ。。ケーキぼろぼろがなかったのが残念。
Lは今までの推理が行き詰まってしまったせいで落ち込み中。そんなLをみて絵に描いたようなよい子になったライトくんは必殺パンチをお見舞い。この辺から演出神。殴られたあとの体位が原作どおりなんがすごくいい!Lの背中もパンツもチラリズム。さらにミサミサがGJ!
「痛いですよ」。コレめっちゃスキなんです!原作、このLタンで陥落ちたような気がする。もうちょっと棒読みっぽいかなと思ってたんですがね。
「一回は一回です」というわかるよーなわからんよーな名台詞とともにボギッとLの反撃。ドラゴンボール級の吹っ飛びをみせる二人。
うぎょ────!!!「確かに…そうかもしれません…」のLタンごっさ萌えるゥ!!こんな作画がイイLタンめずらしい!!
今日は殴りあいのおかげでLタンセクシーショットが多くて吐血ものです。ありがとうライト!!
完全にボケキャラの烙印を押された松田桃太。もはやLも呼び捨てにすることに抵抗ありません。

打倒キラをかかげてアクセク働く白ライト。こういうシーン観ると、ライトがデスノート拾わずにLと一緒に並んでいたらどんなによかったかと思うんですよ。こんなこと言っちゃもともこもないですけどね。オイラがヨツバ編が好きなのはこれなんです。ライトとLが本当に友達になってほしかったんです。だから二人がかりそめでも笑ったり喧嘩したりするこのエピが好きなんです。

死の会議中のヨツバ。なんかもう原作の膨大な文字数だとセリフ照らし合わせるのもしんどいわ。

おぉーっと!模木さぁん!お久しぶりです!…ってアレ?Lの「さっきのはスネてみただけです」がないっ!!NOォォォ!!!
なんやかんやで警察を辞めなければキラを追うことができなくなったみなさん。後ろ姿のLタンがめちゃくちゃイイ。勝平さんの演技が素晴らしすぎます。さくらんぼ「ぺっ」細かい!
正義感の塊の夜神パパは家庭があろうとなんだろうとキラ捜査に身を捧げます。ママ、さゆちゃんお気の毒に。。。

相沢さんのイタイとこをつくわ、フォローになってないフォローを入れるわ、もはや松田はいないほうがいいと思われます。ハイ。

はい、本日二度目のLタン萌え萌え注意報発令。不器用なLタンの優しさに萌え。
「私は相沢さんみたいな人好きですけどね」
に゙ゃ゙ぁ゙ぁ───!!エ───ル────!!!私は竜崎みたいな人好きですけどね!!

自分がお荷物になりかけてる(いや、もうなってるのか)ことにやっとこ気付いた松田くん。……がLにしてはもうコーヒーを出す執事レベルまで落ちていました。お疲れさまでした、松田。

アイバー、ウェディが突然出現。たったか進むなぁ。

そしてラストは相沢さんの黄昏シーン。藤原さんがほんとにグレイト。啜り泣く演技なんて神。


また来週!
スポンサーサイト
EDIT  |  00:27 |  【終】 DEATH NOTE  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。