2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年11月03日(土)

週刊・遊佐浩二 #76

今回感想多分に長くなる。

なぜなら無駄に書き起したから。

冒頭部分を一言一句拾ってみた。

だってしょうがないじゃない。

オイラがこのネタに食いつかないはずがないじゃない。

てわけで続く。

【More・・・】




■ストップウォッチのせい??
「週刊遊佐浩二ィィィィ!!!バカァァァ!!!!」
のっけのタイトルコールからなにやら壊れる遊佐浩二。
どないしはったんですか?(爆笑)


■銀魂東城トイレ話キタ―――!!(以下赤字部分書き起し)

確かに楽しいです。まぁ素でっていうと、あの、

僕は演技をしているので、役として演じてはいるんですが。

まぁ楽しくは演らせていただきました。ありがとうございます。

そうなんですね、あのー、この銀魂。

割とですね、みなさん観ていて分かると思うのですが、

台詞自体がすごく速いんですよ。

すごくあの、台詞の分量が多い上に、

こうスピードが速いというところで、すごい緊張感ですね。

しかもあのー、一緒に演っているメンバーというのがですね、

かなりこう……まぁ曲者って言うと変ですけど、

いろいろね、あのー、みんなこう達者な人ばっかりですから、

まぁどの番組も言えることなんですけど、

特にこう「負けてられない」というような意欲を掻きたてられる作品ですので。

楽しく演じさせていただきました。

そしてあの、テンションを高く保たないと、

この番組自体のノリが保てないっていうところもありまして、

本当にこのシーンに関しては、集中して演らせていただきました。

あの、ご覧になった方はわかると思うんですが、

最後のあの、僕と千葉進歩くんの役がこう、

「若やすり」「お妙さんやすり」ていう、

同時に言い合うところがあるんですが、

あーゆーところも普通の番組だとですね、

音のレベルの関係もありますんで、

別録りに、ひとりずつ録ったりするんですけれども、

銀魂に関しては同時に録りまして。

スタジオの中でこう、切磋琢磨というか。

もうお互いでこう、やったりやられたり……やったりやられたり変だな(笑)、

こうしのぎを削ってですね、演技をさせていただいたので、

その分のこうリアリティーが作品に出てきたのではないかと思います。

まぁどの番組に関しても、全力で演っておりますので、

楽しんでいただけるとは思うんですが。

まぁ、内容がね、非常にぶっ飛んだお話なので、

特にこう、我を忘れて演りました。ハイ。



ハァハァハァ…頑張った…俺。自己満足のために頑張る自分を誉めてあげたい。
つか…その気力を他に回せェェェェェェ!!!!!!

そして、遊佐様が銀魂を語ってくれる声に、嬉しすぎてなぜか泣き出す俺。嗚咽する俺。
なんだ…このキモイ生物…。

銀魂収録現場、見学したいな~……切実に。


■幻となった「ラジオの王子様オン・ザ・テニス」
鳥さんと仲良く、揃いも揃っての変わり身の早さ(笑)。
「僕らの力で戻しましたからね 誉めて欲しい!!」
うん、ゆっちーよく頑張りました。(←棒読み(笑)


■『アルトネリコ2』発売中
「アトルネリコ」ではありません(笑)。ちなみにオイラはショップで流れるPVを小一時間鑑賞してました。馬鹿。
自分のキャラボイスが、男性プレーヤーにスキップされるのではないかと懸念される遊佐様。

「とばさないでね☆」 エコーいただきました。


■得意なタイプのゲームはありますか?
アクション・格闘ゲームは苦手。 『BLEACH ヒート・ザ・ソウル2』に苦戦中。
そういやWiiで置鮎さんと森田さんにも完敗しとりました。
名言:「死にはったらよろしい」が生まれました。

「全然席官になれないんですよ」 市丸隊長がんばれ!!(笑)

「ツンツンした銀髪のちっこい奴…ズルイよ…」と愚痴る遊佐様。
朴さんには言わないように(笑)。

『ヒゲのおやじ・カメとか踏むやつ=マリオ』はアウトね。
「もぉぉぉおお!!!」とゲームのせいにしちゃうアナタを見ていたい(笑)。

今はRPG、もしくは謎解き好きです。レイトン教授が好きです。


■ちょっ…(笑)
【冬の花火】 歌:市丸ギン(cv.遊佐二) と誤植があったとのメール。

が、遊佐様が間違いだとおもうのは『歌:市丸ギン』のこの部分。
「むしろ『歌:松本乱菊(cv.松谷彼哉) + 市丸ギン』」
「僕はほとんど歌ってないですから 乱菊の曲」

ちっとはオブラートに包んでください(爆笑)。


■彼女の方が背が高い場合は…
居酒屋の階段に彼氏がのぼって、メンバーがいないうちに、爪先だちでちゅーしましょう。


■こたつのプレゼント募集中?
『AT-X』でおっしゃってた、こたつの石鍋こげ痕。そんなショックだったんか(笑)。

遊佐家ではプラズマテレビがストーブ代わり(笑)。


■お別れゆーさーのひとこと
「あっ告知忘れた モバイルA&Gのトップニュースを見てね」
電撃にゲスト出演だとよ。関西にも来てください(泣)。


また来週!
スポンサーサイト
EDIT  |  17:50 |  週刊・遊佐浩二(ラジオ)  | TB(0)  | CM(10) | Top↑

Comment

どもども!!豆柴でございます。
楽しく読ませていただきました~!!

わぁ・・・!なんだか、想像以上に凄まじい現場のようですね!!(笑) 
でも声優さんが皆力を入れて銀魂キャラを演じてくださっていることが伝わって、とても感動しました!!万事屋座談会でも、たしか阪口さんが「コッチが楽しんでやってるのが観てる人にも伝わってたらいいな」みたいなことを仰ってましたよね。声優さんが皆役を楽しんで演じておられるから、あんなに素晴らしいものができるんですね。そしてそれが伝わってくるから!!

しかし「曲者」には噴きました(笑)。
たしかに、流れるような台詞の応酬からは、殺るか殺られるか的な緊迫感は伝わってきます。

つか「若やすり」「お妙さんやすり」て別録りじゃないんすかぁーー!!?ビックリなんですけど!!途中でこんがらがっちゃいそうです...(笑)

いやー感動しました...私は特別遊佐さんのファンってわけじゃないですけど、それでも。
だって愛が...愛が感じられるもの...!泣きますよコレは。つか泣きました。いや、私は涙腺カラカラでめったになかない冷酷非情な人間なんで、実際に涙を流したわけではないんですが、心では号泣です。

つい熱く語ってしまいましたー。書き起しホントお疲れさまでした!!!銀魂スタッフさんも、安曇氏も、ありがとうーー!!!

P.S.
結構前の記事のことですけど、「青たん」って普通に使ってますよin千葉!!大学入ってから全国区じゃないと知ってびっくりしました。なんか可愛くないですか?萌えキャラみたいで。(ぇ
安曇さんとこは普通に「あざ」とかですか?
豆柴  | 2007.11.03(土) 20:45 | URL | コメント編集

安曇さん、偉い!よくやった!褒めてつかわす!!

遊佐さんの口から語られる銀魂、すごいいいお話でした~。
頑張って起こしてくれてありがとう!

銀魂収録裏話的なお話で、あらためて銀魂って声優さんのスゴさに支えられてるんだなー、と思いました。
何気なく観てるけど声優さんにしてみるとあのテンポの良さは大変なんですね。
早口でも滑舌良く喋らなきゃいけないし感情込めないといけないし。
その上テンション上げて、ってどんだけ大変なんだ!

銀魂にあのスタッフとあの声優陣が揃ったことはもうホント奇跡としかいいようがないですね!
原作の面白さに、関わる方々のやる気を引き出す力があるとも言えるかもしれませんが、それにしても巡りあわせ次第ではこんな面白いアニメにはならなかっただろうし。
そしてそのやる気がまたさらに周りの人のやる気を促すと言う相乗効果。
なんと素晴らしい!!

遊佐さんの熱演のおかげでトイレの回はほんと神回でした。
遊佐さんありがとう~~~!


話は変わりますが、鋼鉄らじお伝、ネットで聴けるのを知って聴いてみましたよー!
面白いw
前回(10/13)のミラノのくだりに笑いましたw ピッツァとかw
陸遜はキライだけどマモマモは好きかも^^アホの子っぽいとこがw
pear | 2007.11.03(土) 22:18 | URL | コメント編集

こんばんは!
我が家にコメントありがとうございました^^
あっちで書いたとおりきてしまいました(笑)

書き起こし、ごくろうさまです!!
アニ魂のできるまでの熱さが伝わってきました。
なんか想像したとおりの感じです(笑)
だからあんな素敵な作品になるんだなぁ…としみじみしました。
やっぱり声優さん・スタッフさんの愛でできていますね、アニ魂は…。
あまり声優さんが収録する状況というのにくわしくないですが、
普通は別録りなんでしょうか。
あの近藤さん・東城さんの緊張感は、現場そのものだったんですね(笑)
実にすばらしい演技でした^^
もしできるのなら、アフレコ現場、ぜひ見学させていただきたいものです。

この勢いで、ずーっと銀魂をテレビで、夕方6時のあぶないギリギリ感を
感じながら楽しんでいられたらな、と切実に思わないではいられないです。

それでは、楽しい記事ありがとうございました^^
タビ | 2007.11.03(土) 23:33 | URL | コメント編集

安曇さん、こんにちはー!

一字一句の書き写し、お疲れ様でした!
確かにトイレのシーンは銀魂らしさ溢れる素晴らしいシーンになってましたよね。笑

それにしても。
アニ銀は本当に銀魂が愛されてできてるんだなーっということを改めて思いました。アニ銀の半分むしろ99%はスタッフの愛でできています、みたいな。
ギリギリのパロを続ける野心とそして銀魂をより良い作品にしようとする向上心。毎度スタッフの皆様に感服です。
そして、その心意気をしっかり受け継がれる声優の皆様にも感動しました。

>特にこう「負けてられない」というような意欲を掻きたてられる作品ですので。
楽しく演じさせていただきました。
そしてあの、テンションを高く保たないと、
この番組自体のノリが保てないっていうところもありまして

と遊佐さんも仰ってますしね。銀魂の素晴らしさを改めて語られるとなんとなく嬉しいです。


本当なんていうか、空知神もこんな方々にアニメを作ってもらえて、本望でしょうね!


>自分のキャラボイスが、男性プレーヤーにスキップされるのではないかと懸念される遊佐様。

この話を聞いて図星過ぎて思わず噴出してしまいました。笑。自称ゲーマーの私ですが、よほど声目当てでない限り、結構キャラボイススキップするんですよ。
円滑な進行の妨げになるんで、ひどいとボイスOFFにしたり。苦笑。
なので、この言葉聴いて、遊佐さんごめんなさいー!!!!!と必死に心で謝ってました。



そういえば、下記事の羊でおやすみシリーズですが。

私も眠るという点でのイチオシは鳥海さんと鈴木さんのターンのCDです。テンポも声質もあのお2人が一番寝やすいですよね。
ちなみに、自信を持って一番眠れないと豪語するのは田村さんと斉藤さんのターンのCDですが。苦笑。(安曇さんがリンク貼ってらしたニコ動を見たら若本さんもいい勝負かもしれませんが)

私も、安曇さんと同じく遊佐さんのターンを購入して以来、ウキウキで全シリーズコンプしてしまいまして。私は女性陣までしっかりとダウンロードいたしました。笑。

本当。このシリーズ開発した人は、ツボをわかってますよね、いろいろと!笑。

ではでは、超文失礼いたしました!
せつな | 2007.11.04(日) 01:20 | URL | コメント編集

お豆さん (誰だよ)

こんにちわー!コメントありがとうございます!
あっ、お言葉に甘えて『- 豆柴らくがき帳 -』をリンクさせていただきました~!ありがとうございます!ココでの報告申し訳ありません。

>なんだか、想像以上に凄まじい現場のようですね!!(笑)
他のアニメと比べたら、まず銀魂は独特の空気なんだろうとは想像してましたが(笑)。
こうして役者さんが生の声で伝えてくれるのは珍しいので嬉しいですよね!

>声優さんが皆役を楽しんで演じておられるから、あんなに素晴らしいものができるんですね。そしてそれが伝わってくるから!!
もうまさに!!「スタッフの愛を感じるアニメ選手権」あったらぶっちぎりで1位じゃないですか!?伝わってる!!伝わってるよ阪口さん!と叫んでおこう(笑)。
作り手が楽しんでやってくれると、観てる側も原作ファンとしても嬉しい限りですよね~。
空知神もさぞお慶びでらっしゃることと存じます。

>流れるような台詞の応酬からは、殺るか殺られるか的な緊迫感は伝わってきます。
「やるかやられるか」てその字だったのかー!カタカナかと思ってま……いや冗談です(笑)。
銀魂に限らずですけど、ギャグアニメってある意味役者の戦争ですよね。掛け合いのテンポとか、抑揚の付け方とか。食うか食われるか。
まぁなんでもそうなんですけど、特に銀魂に関してはその辺の点でキャストのみなさん抜きん出て素晴らしいなァと関心です。ありがたい。

>つか「若やすり」「お妙さんやすり」て別録りじゃないんすかぁーー!!?
オイラは現場の事情全然詳しくないので、普通は別録りなのかーーー!?とビックリだったんですが(笑)。あの回は千葉さんと遊佐様の掛け合いが非常に秀逸だったので感動しました。

>心では号泣です。
ですよね!!!杉田さんにしろなんにしろ、銀魂の現場話を拝聴することってほんとないんですよね。それがまさか遊佐様の口から!!と無意味に感動。よくテレビでファンが号泣してるシーンとかありますけど、あーゆーの結構ドン引きしてたくせにまさか自分も…と。ほんと自分がキモくてしかたなかった(苦笑)。

もちろん主役はアニメですから、あんまり裏方のことを公開する必要ってないんだろうし、みせるべきものではないんでしょうけど、銀魂の場合は愛を感じられるからこそみたい、知りたい。そう思わせるアニメって秀作だからこそなんでしょう。

>銀魂スタッフさんも、安曇氏も、ありがとうーー!!!
こちらこそ読んでくれて、コメントまでくださってありがとーーー!!!
ストリーミング配信なうえ、タイピングめっちゃ遅いので、一回紙に書いてからやったんですけど。3分足らずの喋りを起こすのに30分近くかかっちまったよ!遊佐様もちっとゆっくり喋ってェェェ!!と(笑)。

>安曇さんとこは普通に「あざ」とかですか?
うん。「あざ」です。「青」もつけない「あざ」。
まぁ標準語いいますけど、あれだって一種の方言ですからね。関東弁ですよ。方言いいよね。
「青たん」てほんとかわいい!!これからは使っていくよ!!(笑)
てかそんな実のない記事まで読んでくださってるなんて…なんかスイマセン(笑)。
安曇 | 2007.11.04(日) 19:51 | URL | コメント編集

pearさん

こんち!コメントありがとうございます!

>安曇さん、偉い!よくやった!褒めてつかわす!!
うわ~~!!ありがとうございます!!ケータイのストリーミング配信なんで、巻き戻しできず、20回くらい聴きなおしました(笑)。
もう二度と聞けなくなるし!と一時のテンションに身を任せてやりました。なんか自分って銀魂スキーなんだ!遊佐スキーなんだ!と不思議な陶酔感に見舞われました(笑)。

>何気なく観てるけど声優さんにしてみるとあのテンポの良さは大変なんですね。
ホントですよね~。銀魂って特にテンポがとにかく大事!なので(と個人的には思ってるので)、ある意味役者さん殺しなアニメなのかも(笑)。
あんだけのネーム量あるのにきちんと再現してくれる銀魂アニメって実にスゴイのかも。
なんかちょいちょいテンポ悪い~とか、そこの演技は違うー!とか文句言ってスイマセン…。それもこれも銀魂アニメが素晴らしいからなんで!デキがいいだけに見るほうも感じるハードルが高いんですよね!

>銀魂にあのスタッフとあの声優陣が揃ったことはもうホント奇跡としかいいようがないですね!
御意ぃぃぃぃ!!!!銀魂はほんっとーーーにいいところに拾われたわ~~~!!
だいたいこんだけの長期アニメであんだけのクオリティーを保ちつつ、しかも向上していってるという。。。おそるべし日昇スタッフ…。
まさに短距離走のペースで長距離走。

>遊佐さんの熱演のおかげでトイレの回はほんと神回でした。
あーゆー遊佐様はアラシヤマ以来ほとんどないので嬉しかったですよー!どんどん遊佐浩二にやらせちゃってください!!(笑)

>前回(10/13)のミラノのくだりに笑いましたw ピッツァとかw
爆笑しましたしました!!(笑)
マモの天然っぷりといい、遊佐様の弄り方といい最高なんですよね!
お陸とマモは別物なんで殺さないで!!(笑) ぜひ一度マモのブログを一読ください。かなーりアホの子です(笑)。 
あっ、オイラもweb配信頼みなんですよ。もっと配信早くしてくんないかしら。これからも引き続きお聞きになってください!オイラの語り相手になってください!
安曇 | 2007.11.04(日) 20:07 | URL | コメント編集

タビさん

なにやらリアルタイムでやり取りしてしまったようで(笑)。
これも何かのディステニーですね☆(逃げてェェ!!)

>やっぱり声優さん・スタッフさんの愛でできていますね、アニ魂は…。
アニメを見てもヒシヒシと伝わってはきますが、実際に役者さんの声で(というか個人的には遊佐様の声で(笑))伝えてくださったので、感無量といいますか。
でも、直接的に伝えなくても伝わってくるということこそが大切というか。
そこが銀魂アニメの素晴らしいところですよね。
やはりなんでも「愛」が大事。
このブログだって「愛」のみが原動力です(聞いてねー)。

>普通は別録りなんでしょうか。
オイラもぜんっぜんわからないので、別録りが普通ということにへぇ~でした。
でも銀魂って、台詞の掛け合いが命というか、キャラひとりじゃ成り立たないというか。
相乗的であることが根底にある漫画なんで、同時に演ってこそなんじゃないかな~とか思います。
ああもう自分でも何言ってんだか(笑)。

>この勢いで、ずーっと銀魂をテレビで、夕方6時のあぶないギリギリ感を感じながら楽しんでいられたらな、と切実に思わないではいられないです。
銀魂って夕方6時って枠がまたいいんですよね(笑)。時々深夜に移動すればいいのにとかいう意見もありますけど、それじゃだめなんですよ!6時にやってこその銀魂なんですよ!!と(笑)。
個人的にはダラダラ続くより、作品のためにも坂道を転がりだす前に終了してもいいかな~とも思いますが、これからもがんばってくれることを日昇さんに期待します。
安曇 | 2007.11.04(日) 20:20 | URL | コメント編集

せつなさん

わわっ!コメントありがとうございますー!
ブログ閉鎖されてとっても淋しいです…。
再開されることを心待ちにしております。

>アニ銀の半分むしろ99%はスタッフの愛でできています、みたいな。
確かにそうですよねー!!もちろん基盤には空知神があるんですけど、アニメになったらもはや原作とは離れたところにいっちゃいますし。
原作至上主義者としては、以前はそれがイヤで。好きな作品であればあるほど、「原作を好き勝手にいじくるなー!」というか。アンチアニメだったんですが。銀魂アニメはほんと作品自体を大事にしてくれてるし、さらにおもしろくしようという意欲も感じられるし。衝撃でした。

>銀魂の素晴らしさを改めて語られるとなんとなく嬉しいです。
ほんとです!!しかもそれが遊佐様というところが!!まさか遊佐様が銀魂を語ってくださる日が来るとは思いもしなかったので涙涙でした。ありがとう。
しかも「楽しんで演った」とおっしゃってくれたので、原作ファンとしてはもう本望ですよね。

>この言葉聴いて、遊佐さんごめんなさいー!!!!!と必死に心で謝ってました。
いやいや、これはどなたもそうじゃないんすか?(笑) オイラもちょびっとやったことありますけど、どーでもいい部分のどーでもいい(といったらごっつ失礼ですが)ボイスは最初からスキップいうか。ごめんなさいーーーー!!!もちろん遊佐様のは何度も何度も聴きますよ!!(笑)。

>私も眠るという点でのイチオシは鳥海さんと鈴木さんのターンのCDです。
おおお!!ですよねーーー!!あんまり低いボイスもやだし、元気ハツラツされても困るし。
しかしちーちゃんは何故にあんなにエロイのかーーーっ!!!悶悶。

>自信を持って一番眠れないと豪語するのは田村さんと斉藤さんのターンのCDです
女性ver.も購入されたんですかー!オイラもちょこっと視聴はしましたが、あ~こりゃ男性向きだ…イラッとくる~!!と断念しました(笑)。
このシリーズ、まだまだ出続けるんですかね?個人的には杉田さんや神谷さんもだけど、とにかく断然うえださんにお願いしたい!!!

>このシリーズ開発した人は、ツボをわかってますよね、いろいろと!
まんまとしてやられましたね(笑)。
そういえば以前非ヲタの集まりで「お兄ちゃんとか言ってくれるCDがバカ売れらしいよ~」「なにそれ~」みたいな話題で盛り上がり…。当然オイラは耳が痛いわけで…「いや萌えるじゃねーか…」という心の声を押し殺していました。やはり一生隠れヲタでいようと思いました(笑)。
安曇 | 2007.11.04(日) 21:04 | URL | コメント編集

出遅れた…完全に出るタイミングを逸した…
でもこれは言うしかあるまいよ。
安曇さん、あ な た が 神 か 。

安曇さんのおかげで遊佐にハマってからというものの、もうニコニコで遊佐様のラジオやらなんやら聞きまくってますよ。でも新しいのなんてすぐにアップされませんからね、安曇さんの記事を読ませていただいて、「あぁもう遊佐ってばかわいいなぁ」と思っているわけですが(←変態)
何この人。本当に可愛すぎてどうしよう。(←私が死にはったらよろしい)

やっぱり銀魂のアフレコ現場は良い意味で凄まじそうですねw
遊佐様のおかげでどんだけあのトイレ回、笑ったことかww
銀魂は、皆さんおっしゃっているように、やっぱり声優さんに恵まれているんですね。
銀魂のあの台詞回しが、声優さんの底力のようなものを引き出し、さらにその声優さんによってアニメが面白くなる。なんて素敵な関係なんでしょう。
安曇さんが書き起こしてくださった遊佐様のお言葉から、原作の魅力も、声優の魅力も存分に込められてるアニメ銀魂の凄さを改めて思い知りました。

とにもかくにも安曇さん、お疲れ様です。書き起こしてくださって本当にありがとうございました!!
もっと遊佐が好きになりましたー!!!
宮古 七海 | 2007.11.04(日) 21:15 | URL | コメント編集

宮古 七海さん

>安曇さん、あ な た が 神 か 。
そうです。私がヲタク星のダメ神です(笑)。
いやいや、コメントいただきありがとうございますです!

もちろん文字では遊佐様の可愛らしさも、銀魂を語ってくれる喜びも、全てをお伝えすることはできませんが。
もう二度とこの話は聞けなくなる!と思うと、これは文字でもいいから記録しておかねば!!とがんばりました。

たんなる自己満足だったのに、こんなにみなさんから反響があってびっくらです(笑)。

>銀魂のあの台詞回しが、声優さんの底力のようなものを引き出し、さらにその声優さんによってアニメが面白くなる。
おおおお!!うまいこと言うな~!!確かにィィ!!!
ギャグアニメの役者さんにはいつもいつも感服しますが、銀魂(+うすた作品(笑))のキャストの方々はほんと特別スゴイと思います!!

銀魂ってとにかく台詞が命じゃないですか。バトルアニメみたいに特別動きで魅せるような作品じゃないし、視覚より聴覚で魅せる作品なんですよね。
しかも空知神の台詞回しって、言い回しが捉えがたいというか。別に演技法がどうとかわかるわけじゃないですけど(笑)、難しいよな~と思います。

銀魂スタッフのみなさん、ほんとにありがとう。
安曇 | 2007.11.04(日) 22:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。