2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年05月30日(水)

DEATH NOTE 第33話

『嘲笑』


本日の見所は「哀れな女の戦い」でしょうか。思いのほか力入れてくれましたね。つくづく高田様の中の人が交代してくれてよかったと実感いたしました。
では感想いきます。

ついに自らも日本で捜査することを決断したニア。が、ワイミーズで特別な教育を受けてたニアには庶民のことはわかりません。
なんだか久しぶりのニアたんですね。かぁいい奴ですね。唇尖らしちゃって。しかも飛行機の中の子供っぷりがたまらんのですが!!(作画はアレだけど) 完全保護者なレスター指揮官に嫉妬にも似た気持ちですよ!!ニアたーん!地の果てまででも迎えに行きますぞぉ!!

L=夜神月=キラと確信しているニアはさらに挑戦的な態度に。
「キラをおびき寄せる …… そこを返り討ちにしてみせます」
あうぅぅ…いいわ~この角度。。。この上目使いの横顔。なんやかんやでニアたん萌えな自分に気づきました。
「私は日本にいます」 「私も日本にいます」がなんかウケた。いや、笑うとこじゃないんですけどね、全然。実際声に出して言われるとなんかウケませんか?(誰に訊いてんだ)
うわぁぁぁぁぁ!Lタンキタァ!!!
「考えてみればあの時から これはLと一対一の戦い ただLがLの息のかかったものに成り代わっただけ」
気づくの遅いよライトくん。Lタンは永遠なのだよライトくん。

人形をつかって解り易くニアたんの捜査解説。こーゆーのいいですよね。阿呆な視聴者に優しいですよね。
LキラとXキラを殺してノートを奪うことは絶対やらない。
「このやり方は私やLのやり方ではない Lが次のものに託した意味がない」
Lへのリスペクト。どうしてくれよう。この言葉をきいて完全に「ニアたんを応援し隊」な自分の気持ち、どうしてくれよう。ライトくんには父上へのリスペクトなるものが毛ほどもないのだろうか。

ライトは高田清美と密会。盗聴器があるため、キラ捜査をするフリをしつつ筆談。
「音だけで画がないってのはさびしいっすね~」 オメーちょっとは仕事しろ(笑)。
ライトは高田に「キラとしての裁きを君にしてもらいたい」と。
しっかし東大出るとこんなスキルも身につくんですかね。普通に話しながら違うこと考えて文字にするて相当スゴイと思うんですけど。ちょっと今度やってみよう。
そして魅上には「極限まで似せた偽モノをつくり、その偽モノで裁きのフリをする」。偽モノをつくり…てそんな簡単に言うなァァァァ!!とならないところ、さすがライトが選んだ人間です。

ぶ……ぅわはははははははは!!!!!今日の高田様キタァァァ!!!(爆笑) スゴイ阿呆っぽいところが素敵ですね!全面的に伊出さんに同意します。

驚異的洞察力で Xキラ=魅上照 の考えに辿りついたニア。
「一応全ての筋は通る」 どのへんが?!て感じですが、説明してもらっても凡人には120%理解不能なので結構です。スゴイな~ニアたん。

高田とミサ。鼻で笑うの巧いな~高田さん。「あぁ!ダメェ!」て言うモッチーがなんかスゴイかわいい。ところでシドウのテーマはいつの間にミサミサのテーマになったんですか?

ライトの前で直接Mr.相沢とコンタクトをとるニア。
相沢さん相沢さん。一応Lに了解得てから話したほうがよくないですか。ライトくん人望ないな~。。
ああ!そっちの世界ではクリスマスなんですね!!チビLもこーやって飾りつけしてたんでしょうね!(いきなり妄想)
ジェバンニ、いい。

高田とミサのブラック食事会。互いにライトに利用されるも気づいていない女同士。すごく哀れだなオイ。あっ…「死刑」のポーズはさすがにダメですか。
記憶を失ったミサ、勝ち誇った笑みの高田。不愉快なのはアナタの笑い顔なんですけど高田様。
このBGMアレですね。ミサがゴスロリ衣装で闊歩しながら唄ってたアレですね。なんか…ジブリっぽくね?今にも城が動き出しそうじゃね?
ミサ人形の「弥」の文字が一瞬「アホ」に見えた件について。 あながち間違いでもない。

電車にて。美男子二人。ご指名どちらにしますか?(やめれ)
アニメでみると写メ撮るシーンが不自然さ2割増し。…て「削除」言うなよ(笑)。


また来週!
スポンサーサイト
EDIT  |  21:28 |  【終】 DEATH NOTE  | TB(17)  | CM(2) | Top↑

Comment

こんばんはー!

>「私は日本にいます」 「私も日本にいます」がなんかウケた。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \いえ、笑うとこです。原作でもマッツーも突っ込んでましたしね。(←結局そこかよ)どうしよう、、、笑いこみ上げてきた。

>ところでシドウのテーマはいつの間にミサミサのテーマになったんですか?
あ、シドウのテーマか!なんか聞いたことあるなぁ、、、とは思ってたんですけどね。ちょっと嬉しい。

もうね、安曇さんの記事読んでるとデスノってギャグ漫画だったけ?と錯覚してきたり。。。(笑)
Yさん。 | 2007.05.30(水) 22:19 | URL | コメント編集

Yさん。

こんばんわ~!コメントありがとうございます!

あっ笑っていいですか?ありがとうございます(笑)。なんか原作ではそんな思わなかったんですけど、わかりきったことをお互い言い合うのが、声つくと非常に不自然でおかしくて…。結局オイラはマッツーレベルか(笑)。

シドウのテーマすごい好きだったんですよー!あのユルユル具合がすごく!!ミサも記憶失って阿呆さ全開ですからしっくりきてますよね。

>デスノってギャグ漫画だったけ?と錯覚してきたり。。。
アレ?違いましたっけ?てのは冗談で(笑)。
いや~これから重い雰囲気ですからね。いかにギャグ要素を見つけていくか、正念場ですよね!(なんか違くね?)
安曇 | 2007.05.31(木) 00:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

DEATH NOTE 第33話「嘲笑」

ニアはキラとの直接対決を臨むために日本に乗り込み、月に対していきなり宣戦を布告します。これだけ堂々と宣戦布告してるのにL対キラの構図に気づく描写さえされない他の捜査本部メンバーは一体どれだけ空気扱いだ(笑)
2007/05/30(水) 21:37:29 | おもちやさん

DEATH NOTE 第33話

第33話 『嘲笑』またもやクラッシクのBGMで始まりましたよ♪そして1人で出来るもん、、、
2007/05/30(水) 22:05:58 | 主婦Yのアニメ話~ Y no Anime

DEATH NOTE デスノート 第33話 「嘲笑」

DEATH NOTE  現時点での評価:4.0~  [犯罪]  日本テレビ : 10/03 24:56  原作 : 大場つぐみ 漫画 : 小畑健  「週刊少年ジャンプ」(2004年~2006年連載)  監督 : 荒木哲郎  アニメ制作 : マッドハウス   http://www.ntv.co.jp/deathn...
2007/05/30(水) 22:16:34 | アニメって本当に面白いですね。

DEATH NOTE 第33話「嘲笑」

「一応全ての筋は通る――」ついにニアが魅上君に辿り着いた―!!!ミサミサvsタッキィ 女の戦い勃発!!・・・高田様が黒い~!!(笑)感想は続きからどうぞっ!!DEATH NOTE Vol.7大場つぐみ 小畑健 宮野真守 バップ 20
2007/05/30(水) 22:49:36 | WONDER TIME

DEATH NOTE 33話「嘲笑」

11巻突入でpage.89「同心」 page.90「予告」page.91「停止」 page.92「夜」消化です!「私は 一人で飛行機に乗る手続き等をしたことがありません 一度戻ってもらい 一緒に日本へ」あれ、案外レスター指揮官普通に
2007/05/30(水) 23:14:20 | Spare Time

DEATH NOTE 第33話 「嘲笑」

ニアが日本へ。一人で飛行機に乗れないからとレスター指揮官を日本からわざわざ呼び戻すニアがちょっと可愛いと思ってしまったw
2007/05/30(水) 23:31:52 | リリカルマジカルS

DEATH NOTE #33「嘲笑」

考えてみればあの時から これはLと一対一の戦い・・・
2007/05/31(木) 00:30:36 | *菜那のつぶやき*

【DEATHNOTE】#33「嘲笑」

ここまで・・・来てしまいました。放映も残すところ1ヶ月。原作コミックも、内容的に・・・あと1冊半くらいですね~。内容的には「嵐の前の静けさ」的だった、第33話。第二部に入ってから、本当にジェットコースター的展開だったからw一息☆つきましたよ~(´∀`;A■..
2007/05/31(木) 00:35:01 | myfavorite★things

DEATH NOTE 第33話 "嘲笑"

海砂と同じ道へ堕ちていく清美《SEO:魅上 高田 ミサ 海砂 DEATHNOTE デスノート レビュー 感想》
2007/05/31(木) 01:44:15 | だってアニメが好きだから

DEATH NOTE #33 「嘲笑」

瞳から青い閃光を発し・・・ターゲット!ロックオン!! ↓ ↓
2007/05/31(木) 07:19:41 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

DEATH NOTE 第33話「嘲笑」

あの時から、これはLとの一対一の戦い――。ニアが日本に来日。ついにキラとの直接対決を迫る。月もこれに受けてたつが…。月vsニアの言葉の応酬、東京タワーを背景の構図がいい!そして、今回のハイライト。
2007/05/31(木) 08:46:25 | SERA@らくblog

DEATH NOTE#33「嘲笑」感想

いやー、女の戦いって怖いですねえ!真実を教えられた者の勝ち誇った微笑み。ミサミサが哀れだわ。もっちー、面倒をみてやってね!「嘲笑」ついにSPKメンバーが日本にやってきた!ニアは二代目L=夜神 月と考えて、高田、そしてもう一人のノート保持者がいると考える..
2007/05/31(木) 12:52:54 | おぼろ二次元日記

いざ、本土決戦へ!(デスノート第33話)

犬っころでさえ、訓練すれば人間の遊びに参加できるというのに、公共交通機関すら一人で満足に利用できない有り様のニアは一体何なのでしょう。今どき、介助犬として交通機関に乗り、人間の手助けをする犬だっている世の中だ
2007/06/01(金) 00:01:34 | BLOG不眠飛行

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第33話 「嘲笑」

DEATH NOTE Vol.7打倒キラを胸に、部下のレスターらと共に来日したニア。これを知った月は、初代エルの時から続くこの因縁に決着をつける時がきたと知り、いよいよ動き出す・・・。
2007/06/19(火) 05:28:44 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

DEATHNOTE 第33話「嘲笑」

DEATHNOTEの第33話を見ました。第33話 嘲笑キラを倒すため部下のレスターらと共に来日したニアは月に挑戦状を叩きつけると同時に現状を整理した。ニアは、キラに関係している人物が三人いると推測している。それは、キラでありながらLを名乗っている月、実際にデスノート..
2007/06/19(火) 10:11:23 | MAGI☆の日記

DEATH NOTE 第33話 「嘲笑」

ちょw ニア萌えまさかニアにここまで萌えるとは!はい、飛行機の件です。ツボにハマりました・・・。ミサがNHNに文句タラタラ言ってました。そうかそうか・・・やっぱ最後は大御所だもんな。言動にも注意しなきゃだしね・・・(笑)今回はミサvsタッキィの女の
2007/06/24(日) 13:39:19 | ばーむぅーすの徒然日記

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#33 「嘲笑」

品質評価 7 / 萌え評価 29 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 7 / お色気評価 0 / 総合評価 13レビュー数 78 件 キラを倒すため部下のレスターらと共に来日したニアは、月に挑戦状を叩きつけると同時に、現状を整理した。ニアは、キラに関係している人物が3人
2007/08/29(水) 20:27:48 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。