2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年04月17日(火)

アニメーション版 BUZZER BEATER

オイラ、というか多くの漫画ファンが神と崇める井上雄彦先生による漫画、
  BUZZER BEATER
が2007年7月からまたもやアニメで放送されるそうな。(こちら)


>『BUZZER BEATER』(ブザービーター)は、井上雄彦の漫画作品。バスケットボールを題材とし、ホームページ上においてフルカラーで公開された、当時では珍しいインターネット漫画(全80話)。『月刊少年ジャンプ』に掲載されたのち単行本化され、2005年2月にはWOWOWでアニメ化もされた。(Wikipediaより抜粋)


WOWOWのは観られなかったのでわかりませんが、創り直すんですかね??

なにはともあれ、微妙に不安要素もあり。というのも、個人的には井上先生の作品はアニメ化して欲しくないというのも事実。SLAM DUNKでもうコリゴリだというか…。オイラをアンチアニメにした張本人ですから(とかいいながら今はすっかりアニヲタ;)。

1.まず言わずもがな、井上先生の画を他人がどーこーできるわけない。もう芸術レベルのあの画をどーこーできるわけない。
2.そしてバスケという繊細な動きを要求する題材をアニメにすること自体に無理があったのではないか。あんなカチコチした動きで満足しろというのか。(この点に関しては今の技術では可能なのかもしれませんが)
3.無駄に長いスローモーション、止め画、モノローグ等によるスピード感のなさ。(あの頃は尺の問題という大人の事情を理解できない子供でしたので)
4.勝手にキャラ作ったり、ストーリー変えんな!(あの頃は原作とアニメは別物という考えはまだできなかった子供でしたので)

そんなこんなでアニメ=原作を好き勝手いじったモノという考えを抱いてしまったわけです。まぁ、オイラがSLAM DUNK信者であり、原作至上主義なのでこんなこというのかもしれません。

でも、今ではすっかり視聴するテレビの8割はアニメという結構ヤバイ状態の奴なんで。これについては以前語ったので割愛。

なんかどーでもいいことグダグダやってしまいましたが、なんやかんやで7月からのアニメ「BUZZER BEATER」ワクワクしながら待ってます。アニメーション技術の進歩と、オイラがいろんな意味で大人になったことによって、楽しめることを期待してます。
スポンサーサイト
EDIT  |  12:36 |  アニメ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。